愛犬クマの鉄道模型製作備忘録

1/87,12mmと1/80,13mmの蒸気機関車の真鍮工作が中心です。 のばすが… 最近はかなり脱線、迷走しています。f^_^;)

IMG_1376
ボディを載せてみました。


IMG_1378
うーん、3点イコライザーが効き過ぎ?なんかグラついて安定感がありません… σ(ー ー;)


IMG_1371
いよいよ動輪の改軌に進みます。いつもここで不退転の覚悟が必要です。


IMG_1373
旋盤を使って何とか無事に改軌が完了、車軸は軟鉄棒を使いました。特に気になる程の振れもなく出来たような気がします。輪芯とバランサーはメッキが剥がれかけて浮いていたので削ぎ落としました。


IMG_1374
主台枠に嵌めてみます。


IMG_1375
ロッドを装着してみます。引っ掛かりなくスムーズに回転しました。(^o^)




FullSizeRender
オリジナルの従台車です。台車その物の幅詰めはせずに、従輪の受け部分だけをカットして改軌対応しようと企んだのですが、KTM製品は真ん中が空中になっており単純カットでは対応出来ません。


FullSizeRender
ならばと切り込みを入れてみました。この手の作業は精密無視で大胆さが必要です… (^_^;)


FullSizeRender
そしてバイスで締め上げて幅を詰めようとしたのですが、あえなく折れてしまいました… (´Д`;)>


FullSizeRender
という事でゴム系接着剤で接合し補強板で固定しました。強度的には手荒な事をしなければ特に問題は無さそうです。


FullSizeRender
何とかなった様な気もしますが、台枠全体がスリムになり過ぎた気もします… σ(ー ー;)



FullSizeRender
フック付きのイコライザーを作り直しました。


FullSizeRender
これで文句は無かろう… (^_^;)>


FullSizeRender
それにしても主台枠の幅8.5mmは、やはり少し狭め過ぎかもしれませんなあ… σ(ー ー;)



FullSizeRender
フレームの左右をハンダ付けして台枠が一応の形になりました。


FullSizeRender
今回はかなり精度良く出来たかなと自画自賛です。


FullSizeRender
ストックしてある珊瑚の13mm用動輪を嵌めてみました。でもこの動輪は使いません、あくまでもオリジナルの16.5mm用動輪を自分で改軌して使用する計画ですから… (^_^;)

ただちょっと気になる事が判明。主台枠のフレーム幅ですが、適正値9.0mmのところを急カーブ対策として8.5mmとしてみましたが、幅8.5mmだと動輪と軸箱がカーブで片側に寄った時に、計算上、軸箱がフレーム内面とツライチとなりイコライザーが外れて落ちてしまう事になります。うぅぅ、設計力の甘さが露呈、どうしたもんか… σ(ー ー;)


↑このページのトップヘ